【リハーサル期間中】

・リハーサルに来る前の検温の徹底。37.5℃以上の場合は、リハーサルへの参加不可とする。

・リハーサル入室時の検温チェック。検温記録は、全キャスト、全スタッフ毎回記録する。

・入室時のアルコール消毒は、毎回行うことを徹底する。

・リハーサル中は、適度に小まめな換気を行うこととする。

・読み合わせ、立ち稽古期間中は、不織布マスク着用を徹底する。

・リハーサル場所は密にならないよう、テーブルワーク、通しリハーサル以外は、人数を限定し、抜き稽古を実施する。

・リハーサル終了後は、備品の消毒を行い、なるべく早めの帰宅を徹底する。

・通しリハーサルからマスクを外す予定の為、その前には抗原検査、場合によってはPCR検査を実施する。小屋入り前には、全キャスト、全スタッフが実施する。

・居酒屋等での懇親会は、社会的情勢を鑑みながら、原則開催しないこととする。

・リハーサル期間中、発熱等の症状が見られた場合は、直ちに医療機関ないし、感染対策機関に相談・受診し指示に従う。

・陽性者が発覚した場合、行動範囲や接触の状況に応じ、リハーサルを一時停止する。より詳細の状況が明確になってから、再開とする。尚、公演実施については、どのタイミングかによって、適切に判断していく。

・感染防止対策は、社会的情勢と照らし合わせながら、常時アップデートしていく。

・感染拡大警戒レベルから緊急事態宣言再発出となった場合は、その中身を精査し、適切に判断していく。公演実施に関しては、劇場側と対応を協議する。

【公演期間中の対策及び劇場での対策】

・来場者の名前、連絡先は、予約時に全員分記録する事とする。

・来場者へ入退場時のアルコール消毒の徹底、検温チェックを徹底する。

・アルコール消毒液の使用が出来ない場合は、手洗いなど他の対応の協力を仰ぐ。

・37.5℃以上の発熱者に関しては、入場をお断りする事とする。

・来場者の入場時、マスク着用をお願いし、無い方には不織布マスクを配布する。

・客席と舞台までの距離は、ソーシャルディスタンス(2m)を確保する。

・開演直前、開演直後の消毒は、必ず行う事とする。

・感染防止の関係で、アンケートの回収は行わない。終演後の面会も不可とする。

・公演関係者(舞台上以外、楽屋での出演者も含む)は不織布マスク着用を徹底する。
・来場者でマスク着用拒否の方は、入場をお断りして、払い戻しを行う。